日本パドルテニス協会

パドルテニスについて

『パドルテニス』-どんなスポーツなの?

⇒アメリカ発祥、テニスの縮小版スポーツです。

パドルテニスを分かりやすく表現すれば、サッカーに対するフットサルのようなテニスの縮小版スポーツといえます。テニスを小さくアレンジした競技は数多く存在しますが、板状のラケット(パドル)やフェルト付きの柔らかいボールを使用すること、コートがテニスの約1/3であること等いくつかの点を除き、基本技術やルールがほとんどテニスと同じなので親しみやすくしかも安全なラケットスポーツです。発祥地のアメリカでは100年以上の歴史があり、1898年にミシガン州で親と一緒にテニスクラブに来た子供のために、コートを二等分して遊ばせたことが始まりとされています。現在では、アメリカ西海岸地区で特に盛んにプレーされ、ヨーロッパやアジアの一部でも行われています。かの豪華客船クイーンエリザベス号にもパドルテニス施設があり、世界的にも知られるようになってきました。

一方、日本では1975年頃から導入の動きが出始め、1979年に日本パドルテニス協会が設立されました。

日本パドルテニス協会は、設立以降、財団法人日本レクリエーション協会の加盟団体として、全国大会の主催、パドルテニス教室や指導者講習会・検定会の開催などの普及活動に力を入れてきました。2015年現在、都府県協会・支部22、登録会員数約3,000人、競技人口は日本全国で約60,000人ともいわれ、少しずつその輪が広がっています。

どんな人たちが、どこでプレーしているの?

⇒ジュニアからシニアまで、学校体育館等で楽しんでいます。

現在、登録会員の最高齢は100歳。毎年、元気に大会にも参加されています。パドルテニスは地域における生涯スポーツ・レクリエーションとして普及しているため、そのほとんどの活動場所は、それぞれの地域の学校体育館開放や市町村が運営する体育館、スポーツセンター等となっています。

練習場所の確保については、地域の友人や婦人会、シニア仲間のサークルといったグループや団体で行っているケースが多いようですが、中には職場や家族単位で楽しまれている方々もいるようです。また、おじいちゃんからお孫さんまで、三世代にわたる家族ぐるみで総合型地域スポーツクラブに入会し、家族や地域社会とのコミュニケーションの場として役立てたりしている方もおられます。

さらに、最近では、体育館にバドミントンコートがあれば、パドルテニスコートを簡単に設営することができることから、体育の授業に取り入れる学校や、体験パドルテニス教室をきっかけにサークルができる大学なども増えてきました。

あるテニスクラブでは、テニスよりも短く板状のラケットを使用するパドルテニスの特性を生かし、ジュニア選手育成のためのトレーニングとして取り入れしています。

『パドルテニス』って健康にいいの?

⇒運動量と笑顔は十分!みんなで楽しめます!

『パドルテニス・フォア・オール(すべての人にパドルテニスを)』

パドルテニスは、年齢・性別・障害を問わず、それぞれの体力と運動能力に適合した運動強度や難易度で競技を楽しめます。高齢者の健康寿命を延ばし介護防止に役立つだけでなく、子供の運動能力の向上や、今までスポーツに縁遠かった方々へのアプローチにも最適です。

体力増進・健康維持には十分な運動量があります

  1. 心拍数を100~120に保ちながらの有酸素運動が無理なくできるため、楽しみながら心肺機能を高め、全身の血行を良くし高脂血症・高血圧症・糖尿病など生活習慣病の予防と改善に効果があります。
  2. 各ショットでの動作は瞬間的な無酸素運動となるため、筋肉量を増やし基礎代謝を高めることができることに加え、成長ホルモンの分泌を促し骨密度を高めることができます。
  3. バランスを取りながらの動作が必要となるため、平衡感覚を養うことができます。

テニスよりずっと簡単で安全です

  1. 板状のラケット(パドル)とフェルト付きの柔らかいボールを使用するため、テニスや他のラケットスポーツに比べ、力加減やコントロールが簡単で、初心者でもゲームが楽しめます。
  2. 使用するボールは、テニスボールの空気を全て抜いたものと同じくらい柔らかいので、身体に当たっても安全です。
  3. 46cm以内に規定された短いラケット(パドル)を使用するため、打球時の衝撃強度が低く、肩・肘・手首への負担がかかりません。
  4. 体育館など身近な屋内施設を利用することが可能なため、天候に左右されず習慣的にプレーができます。また、強い紫外線やPM2.5等による大気汚染を心配せずに楽しめます。
  5. テニスコートの約1/3の広さなので、体力的にテニスを続けることができなくなったシニア層の方々でも思いっきり楽しむことができます。

ほかにも良いこといっぱい

  1. パドルテニスは、相手のくせやポジション、自分やパートナーの状況などを考えて、1打球ごとに配球や打ち方を瞬間的に決断しなければなりません。また、その時のスコアによって相手との駆け引きも重要な要素となりますのでシニア世代にはボケ防止にうってつけです。
  2. パドルテニスは、動いているボールを見ながら、相手の動きも見なければなりません。動体視力や深視力などの眼の能力や注意力を飛躍的に高めることができます。
  3. パドルテニスは、一人ではできません。仲間といい汗をかきながらのコミュニケーション。頬をつたう汗と笑顔が合わされば、ストレス解消にはもってこいです。心の健康も保てます。
  4. 用具費や設備費が安価なので、手軽に始められます。
  5. このようなパドルテニスの特長は、子供の運動神経の成長過程の中で、自分の身体を思うように操れる能力(巧緻性)や状況判断力を飛躍的に向上させるだけでなく、社会性を養うことにもとても効果的に作用します。

『パドルテニス』の教室や大会等は?

⇒地域協会による教室は盛んに行われています。全国大会も毎年、開催されてます。

全国大会・地区大会

全国大会の開催は、2015年度の長野県軽井沢大会で24回の歴史を刻みました。日本パドルテニス協会は、毎年、日本レクリエーション協会主催全国大会の種目別大会を主催し、全国の愛好者が一堂に会して親睦を深めています。2016度は、岐阜県多治見市において9月に開催されます。

地区大会も、地元のレクリエーション協会や教育委員会と連携し、各地域団体が定期的に開催しています。通常の大会だけでなく、サークル対抗団体戦やジュニアの大会を開いたり、優勝するとお米がもらえたりなど、地域色豊かな大会が全国各地で行われています。

*2015年長野県軽井沢全国大会の集合風景です

教室

パドルテニス教室も、地区大会同様、地元のレクリエーション協会や教育委員会・体育協会の協力により、数多く開催しています。初心者~中級者、ジュニア~シニアの誰もが気軽に参加できるように、レベルや年代別にクラス分けをするなど様々な工夫をしています。日本パドルテニス協会においても、これらの教室への指導者派遣事業を展開し、全国大会開催時には体験コーナーを設けるなど、普及に力を入れています。

*犬山市体験会

指導者・研修・イベント

『パドルテニス・フォア・オール』には何よりも指導者の育成が不可欠です。日本パドルテニス協会では、指導者育成を重要テーマとして位置づけ、プロコーチによる講習・研修会を開催するとともに、そのための指導員資格認定制度も充実させています。

各種イベントについても、全国で四季折々開催されています。特に東京都協会では、東京都や都レク主催の『有明の森スポーツフェスタ』や『都民スポレクふれあい大会』 『都民みんなのスポーツ塾』などのイベントに積極的に参画し、パドルテニスの楽しさを大いに広めています。

ページトップ